View profile

ダブル主人公マンガというジャンルがあるのかも、という話

youhei
youhei
いろんなところでレコメンドされたマンガの感想をまとめました

冬の早朝に散歩することがルーティーン化している。中間地点で小休止してスターバックスのソイラテを飲みつつ積んでいたマンガを少しずつ読んでいる。冬はつとめて。
マンガを買うときは自分の審美眼で選ぶことは全然していなくて、人から勧められたりよく聴いてるポッドキャストで話題になっていたものを無作為に拾い上げて買うことにしている。
そんなセレクションの中で「これは!」ってなった作品を紹介してみる。キーワードは「ダブル主人公」。
まずは『ワンダンス』。
youhei
ワンダンス良い。動きの表現とかW主人公な感じとか。
ストリートダンスを題材とした作品で、ダンスを漫画で表現しようという試みに溢れていてひとつひとつの動きの表現がめちゃくちゃかっこいい。線の大胆な使い方やポーズに読んでいておもわず息を呑む。
本作の主人公は高校生の男女、ダンス初心者の「カボ君」とセンス抜群の「湾田さん」の二人。カボ君の心理描写に比重があるけども、刊行中の全7巻まで読んだ感想として本作は「ダブル主人公」作品といって良いと思う。
お互い刺激しあって切磋琢磨する関係性、ストリートダンスという世界での二人の対等な関係性が好ましく映った。お互いの潜在的な恋愛感情はありつつもそちらを主軸とせずに相手に対するリスペクトを軸に据えたストーリー展開も良い。
続いて少し前に読んだ作品で、男女のダブル主人公ものというところで言うと少年マガジンの『ランウェイで笑って』。
youhei
ランウェイで笑って、これが令和の少年マンガか!ってここ最近読んだマンガでいちばんの衝撃を受けた。誰か昭和と平成の少年マンガのそれぞれの良さとその違いについても含めて語り合いたい。
こちらもワンダンスのような関係性の対等さと健全なライバル意識を感じた。少年マンガというフォーマットに多様性が生まれていることに気付かされた作品でもある。
そして、『海が走るエンドロール』。
youhei
海が走るエンドロール、一巻読んだ段階で自分にとって特別な作品になってしまった
実は本作が今回いちばん紹介したい作品なんだけど、うまく言葉にできるかわからない。
雰囲気が伝わるように公式PVを貼る
雰囲気が伝わるように公式PVを貼る
題材は映像制作で、65歳の未亡人女性と20歳の映像専攻男子美大生のダブル主人公。この設定だけでもう胸を掴まれた。
映画づくりの世界に飛び込むうみ子さんと彼女の背中を無意識にぐいぐい押している海くんの関係性がなんとも言えず良い。
読んでいて「何を始めるにも遅いなんてことはないのだ」と背中を押されたような気持ちになるし、「いくつになっても知らないことにワクワクして挑戦する」ことを肯定してくれている。
また、作中でうみ子さんは幾度も周囲からの「無意識のバイアス」に晒されてその度に自己防衛のために自らの本心を偽ってしまう。ここの描写も胸に刺さるし、自分もどちらの側にも立ったことがあるだろうなとはっとさせられた。
他にも、「このマンガがすごい!」と思ったものはいくつもある。でも長くなるし、あとちょっとだけ一言で紹介して終わりにする。
youhei
オススメされたショーハショーテン!1巻読んだ。王道感すごい。きっと今年大波を起こす漫画のひとつなのだろうなあ。
話題の『ショーハショーテン!』もダブル主人公。
youhei
スカウト漫画「ドラフトキング」を読んでから、新人王に対する目線がかなり変わった。タイトルより数年後にふりかえったときにその年のドラフト全選手のナンバーワンと思えるかどうか。安定して一年活躍して後半戦の方が成績が良かった牧選手からは2020年ドラフトのキングになれる気配を感じている。
野球漫画だいすき。スカウトを主人公にすると野球のさまざまな側面を描けるんだなと新たな発見があった。
ということでオススメ作品お待ちしております。
Did you enjoy this issue? Yes No
youhei
youhei @youhei

日々の Tweet や Instagram をふりかえりつつまとまった文章にしています。不定期更新だけど、月2回くらいは更新したいなー。

In order to unsubscribe, click here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Created with Revue by Twitter.